トップ

混合肌と乾燥の関係

保湿と乾燥の混合肌の悩み

混合肌は乾燥肌?大切なのは保湿

顔の部分によって肌質が異なる混合肌は、日本人の7割が悩まされています。特に額や鼻のTゾーンはテカテカしているのに、頬や顎などフェイスラインのUゾーンは乾燥しているパターンが多いようです。

もちろん、Tゾーンは普通だけどUゾーンは乾燥していたり、Tゾーンは脂っぽいけどUゾーンは普通というパターンもあります。季節ごとに肌質が変わる場合もあるのです。本来は顔全体の水分が多くて、皮脂は少ないのがベストです。

>肌トラブルのための保湿ならこちら。

混合肌の原因は、夜更かしや偏食などの不規則な生活、紫外線やエアコンなどの生活環境、ストレスなどがあります。また、ホルモンバランスの乱れも影響するため、女性に多く見られます。一方で、肌が内側から乾燥しているために発生する可能性もあるのです。

Uゾーンはともかく、脂っぽいTゾーンまで乾燥しているのは意外かもしれません。けれども、肌が乾燥すると水分を逃がさないように皮脂が分泌されます。Tゾーンは皮脂腺が多いために皮脂量が過剰になり、逆にUゾーンは皮脂腺が少ないために、水分が逃げて乾燥するのです。

こうした混合肌はニキビの原因にもなります。Tゾーンの場合、過剰な皮脂が角質を硬くします。やがて毛穴をふさぎ皮脂が中で詰まります。これが白ニキビです。皮脂が酸化すると黒ニキビになり、炎症を起こすと赤ニキビになって、化膿したところは跡が残ります。

一方、Uゾーンも水分や皮脂量が少ないために肌の保護が不十分になり、外部からの刺激に弱くなります。これが肌のターンオーバーを乱して、やはり角質を硬くして毛穴をふさいでしまいます。いわゆる「大人ニキビ」であり、再発してシミになりやすいという難点があります。

ニキビがある時に油分を補うとかえって悪化させてしまいます。とにかく保湿して肌の水分量を増やすことが基本です。肌が柔らかくなり、ニキビの予防になります。また、肌のテカリなど目につく部分だけで肌質を判断せずに、部分別に応じた丁寧なスキンケアを心がけなければいけません。生活の乱れがあるなら、並行して改善した方が良いでしょう。

Copyright © 保湿と乾燥の混合肌の悩み. All rights reserved.